今では夫となった人が鼻毛が出ていたデートで苦い思い出

カップル

39歳の主婦です。

 

今では夫となった人と、まだ付き合い始めてすぐのデートで苦い思い出があります。

 

当時、20代半ばになってもまだまともに男の人とお付き合いをしたことのない私に、ついに彼氏ができました。

 

初めてできた彼氏に浮かれていましたが、年齢的にも結婚を視野に入れていましたので、嫌われないように気を付けてもいました。

 

ある日、デートに行くのに彼が自宅に車で迎えに来てくれました。

 

その時は仕事が忙しい時期で、彼もあまり身だしなみに細かく気を付ける余裕がなかったのかもしれません。

 

見事に、鼻毛が出ていたのです。

 

私は言うべきか、言わないべきかとても悩みました。


彼との初めてのけんかが鼻毛とは

彼氏と喧嘩

男性経験が少ない私が、そもそも男の人との会話で「鼻毛」という単語を出すことすら抵抗があったので、気づかないふりをしようと決めました。

 

車の運転をしていれば、ミラーを確認したときなどに自分でそのうち気づくだろうと思ったのです。

 

ところが、いつまで経っても彼は気づかないままでした。

 

車を降りても、買い物中も、食事中も全く気付く気配がありません。

 

私は気になってどうしても視線が鼻にいってしまいました。

 

食事のあと、彼がトイレに行き、そこで初めて気付いたのです。

 

戻ってきて、笑いながら「鼻毛出てたわ」と言っていたので、言わなければいいのについうっかり私は「気づいてたけど言えなかった」と言ってしまったのです。

 

彼の機嫌は急降下。

 

なぜ知っていて黙っていたのか、すぐに指摘してくれれば良かったのにと怒られてしまいました。

 

すぐ謝ったので問題にはなりませんでしたが、思えばあれが初めてのけんかだったかもしれません。

 

初めてのけんかが鼻毛とは今から思い返せば笑い話でしかないのですが、当時の私は彼を怒らせてしまったことに落ち込んだものでした。


夫婦となった今では気軽に指摘

仲の良い夫婦

思えば、それについて触れることで私の印象を悪くしたくないという自己保身が先に立った挙句、彼を恥ずかしい見た目のままで街を歩かせてしまったわけです。

 

彼よりも自分の都合を優先してしまったことを反省しました。

 

こっそり教えてあげるのが正解だったんだなと学習したのでした。

 

今では夫婦となって年数も経ちましたので、鼻毛が出ていても気軽に指摘できます。

 

毎朝出勤する夫を見送りがてら、身だしなみのチェックもします。

 

こういうことで嫌われることはないと信頼できる関係になれたことを幸せに感じます。

 

でも、もしこれが女友達であった場合、すぐに教えてあげられるかは自信がありません。

 

その時は教えてあげられなかったとしても、最後まで気づかないふりを貫こうと思います。


鼻毛のケアは現代人の大人のマナー

プリートのお得な鼻毛脱毛
プリートのお得な鼻毛脱毛はこちら