鼻孔からチョロチョロ・ボウボウ鼻毛

私は50歳で会社員をしております。
28年間も営業職として働いていると、たくさんのお客様とお会いすることが多いのです。
最近では、企業の高い役職につかれている方と打ち合わせをする機会が増えたのです。
その中で、鼻孔からチョロチョロ鼻毛が出ている人やボウボウ鼻毛が出ている人に出会うのです。
当然、私の社内でも、上司、同僚、後輩、女性社員でも、鼻孔から出る鼻毛発見することがあります。
これらの中で、紹介したい話があります。

1対1の打ち合わせをする機会でキャリアウーマンの鼻孔から...

キャリアウーマン

それは半年ほど前のことです。
大手企業の女性役員さんと1対1の打ち合わせをする機会があったのです。
その方は、身長が165センチほどあり、細身で面長、髪型はショートカット、鼻筋は外人のようでした。
バリバリのキャリアウーマンです。
また、この企業の女性社員の憧れの人になっていると聞きます。
その方との打ち合わせ、役員室の応接セット、私の緊張は最高値です。
その打ち合わせが始まり10秒後に気がついたのです。
鼻筋が通った鼻孔から、チョロチョロ鼻毛が黒い線と白い線です。
これを見た瞬間から、書類の説明に注力できなくなったのです。
そして、この黒い線と白い線を抜いてあげたくなったのです。
だって、この企業で何千人の女性社員の憧れのキャリアウーマンですから。


更に、驚いた!鼻息で紺色の小さな物体が二人を沈黙

更に、驚いたことがあるのです。
それは、左の鼻孔から、鼻息の影響を受けて紺色の小さな物体が中から外へ中らか外へを繰り返すのです。
その瞬間、私は手に持っていたペンに力が入らなくなり、床に落としてしまったのです。
そのことに気を使ってくれたこの女性役員が、大丈夫ですかと立ち上がったとき、チョロチョロの黒が一本と紺色の小さな物体が私の書類の上に落ちたのです。
ペンを拾いあげました私は、書類の上にのった二つの物を見ることができなくなったのです。
それから、私はいろいろと対策を考えたのです。
床に吹き飛ばすか、手で払い除けるか。
一瞬、二人は沈黙になったのです。

事態は急変、その物体はどこかへ

次に事態は急変したのです。
この女性役員、何千人の女性社員の憧れの人は、あらゴミがあるわねと言い、美しい口を蕾めて、強風を私の書類に流したのです。
その物体は、役員室のどこかへ吹き飛ぶました。
その後、打ち合わせは終了し、即決で契約が結ばれたのです。
会社に戻り、上司から今回の成功の要因はと尋ねられ、黒い物体と答えたのです。
報告書には、そのことは書くことはできないので、嘘の内容になりました。
それから、私は1ヶ月に1回の鼻毛カットを週1回に変更したのです。
最近では、鼻毛を脱毛するかとも考えています。

鼻毛のケアは現代人の大人のマナー

プリートのお得な鼻毛脱毛
プリートのお得な鼻毛脱毛はこちら